読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スターニュース インタビュー (2016.09.22)

🐰=アイリーン 🐻=スルギ 🐹=ウェンディ 🐥=ジョイ 🐢=イェリ



レッドベルベット "ファンの皆さんの応援を誇りに思い、ロングランで恩返し" (直撃インタビュー)


スターニュースが創刊12周年を迎え、最近'大勢'ガールグループに浮上し大活躍中の、デビュー3年目ガールグループレッドベルベット(ウェンディ,アイリーン,スルギ,ジョイ,イェリ)とインタビューを進行した。


レッドベルベットは2年前のスターニュース10周年記念インタビューで会ったことがあるガールグループである。メンバーたちは「スターニュース12周年おめでとうございます。私たちもいつかデビューから12周年目を迎える日を心待ちにしています。」と話した。

今年でデビュー3年目になるレッドベルベットは、2014年デジタルシングル「Happiness(幸福)」を皮切りに、「Be Natural」に続き、2015年に「Ice Cream Cake(アイスクリームケーキ)」、「The Red(ザ・レッド)」、 「三つの願い」などを通じて歌謡界にて注目されるガールグループとして位置づけた。


2016年3月に発売した「The Velvet(ザ・ベルベット)」と、去る7日に発表した「Russian Roulette(ロシアンルーレット)」で成功を収め、日ごとに発展していくレッドベルベットは音源チャート上位圏に着実に名を連ねている。


2年ぶりにスターニュースと10周年創刊記念インタビューで会ったレッドベルベットは、メンバーの変化、人気、音楽など一層変わった姿だった。メンバーたちも、自分たちがどのように変化したのか分かっていた。


🐢: スターニュースと10周年創刊記念インタビューの時に私はいなかったので、このようにインタビューを進行することになって嬉しいです。 2年前の(インタビュー)写真を見ると、私はいませんよね。今度はスルギ姉さんがスケジュールの都合で写真を一緒に撮ることができませんでした。次回は、私たち5人が一緒にいる姿をぜひ撮ってください。そして、私はこれからより良くなった姿をお見せしますね。


🐥: このようにお会いするのがもう2年前だというので驚きです。 2年の間に私たちもすごく変わりました。最も大きな変化は、イェリが加入したことでしょう。イェリが加入して、私たちのチームの雰囲気がさらに明るくなったようです。また、様々なジャンルの音楽をしながらレッドベルベットも成熟したと思います。


🐹: 本当に色々なジャンルの音楽をするので、音楽に対する欲が沢山出てきました。ボーカル、パフォーマンスなど以前とは違って、メンバー同士「どんな風に歌ったらもっと良くなるのか?」。「今回のコンセプトはこんな風にしてみようか?」と意見も沢山交換します。成長しているようですね。


🐰: 音楽の表現力がより多様化したと思います。例えば、曲の録音をする時も一度歌って終わるのではなく、少しずつ変化を加えながら何度も歌を歌ってみます。そしてその経験を生かして、他の曲の作業をする際に、さらに発展するようになります。


🐻: 以前は、ファンの方々に会うことすらどうすべきか分からず、ぎこちなくて震えたりもしました。今では、どのようにすればファンたちともっと楽しくコミュニケーションをとれるか悩んでいます。

レッドベルベットは最近「ロシアンルーレット」でファンたちから多くの愛を受けている。イム・チャンジョン、K.Will、GUMMY、ソン・シギョンなどそうそうたる歌謡界の先輩たちの中で、アイドルグループとしては少なくない活躍である。そのため、「ロシアンルーレット」で活動する覚悟も格別だった。


🐹: 新曲を準備すれば、一日何時間もの間同じ歌を聴きます。なので、私達の歌とはいっても少しは飽きることがあるんですが、「ロシアンルーレット」は全くそんなことが無かったんです。聞くたびに新しいです。特に舞台に立つと、エネルギーが湧いてきます。体は大変ですが、心は明るく元気になる感じです。


🐰: 今回はファンたちの応援のおかげで本当にすごく力が出ます。応援法もできたし、私たちを応援するために応援服まで作って、メンバーの名前も刻まれましたよ。舞台で歌を歌っている途中、私たちメンバーの名前やレッドベルベットと叫ぶ声が聞こえたら、自然に力が出て笑顔になります。応援を聞くと、思わず笑顔になるんですよ。 「ロシアンルーレット」でファンたちの愛をたくさん受けて、ただ気持ちが良いですね。


🐢: 私も「ロシアンルーレット」でファンたちの反応が良くて嬉しいです。私たちの応援法があるので調べてみて、私も全部覚えました。ずっと前にファンサイン会で、それを歌いました。舞台に上がると、体力的に大変な時が多いですが、ファンからの応援の声に力も出て笑顔でいられるんです。感謝します。


🐥: ファンの方たちはこの歌が本当に好きですよね。ファンサイン会、音楽番組でファンたちの反応に自信を持てます。今は誇らしい気持ちで、舞台でもっと上手くすることができます。


🐻: 実感はないですが、様々な音源チャートで良い成績を収めていて、周囲から応援をたくさんいただき、誇りを持って活動しています。

レッドベルベットは、大衆の絶え間ない関心と愛にロングランで応えるという力強い覚悟を伝えた。時代の流れに沿って、大衆が聞きたいと感じる音楽も変わるだけに、毎回新しい音楽とどんなジャンルも消化することができるグループになりたいというのが5人の少女たちの夢である。


私たちは本物のロングランをしたいです。最近の歌謡界を見ると、長い間活動している方が多いですよね。私たちだけの音楽で大衆の前に立ちたいです。それが、私たちに愛をくださる方々に対する恩返しだと思います。


今まで歩んできた道よりも、歩いて行かなければならない道と越えなければならない山が多いレッドベルベットである。スターニュースが、レッドベルベットが10周年,12周年を迎えたときに必ず会いたいと言うと、メンバーたちは「本当にその日が早く来たら良いですね」と口を揃えた。そして、「デビュー12周年になれば、ファンたちと旅行をしたい」と話した。


🐥: 歌謡界で10年を超えた先輩たちを見ると、ファンとの関係が本当に親密です。私たちは12周年を迎えれば、そんな風になると思います。その時はお互いに家族みたいなものだから、旅行に一緒に行きたいです。


🐢: 私たちがファンサイン会に行くと、ファンたちが「お久しぶりです」と挨拶をしてきます。お互いにもう顔なじみなんです。私たちもファンたちを見れば分かります。なので、挨拶をしてみてもそうです。親戚を見ているような感じですよ。レッドベルベットの12周年には遠出しなくても、皆んなで集まってゲームもして、話もしながらコミュニケーションをとれば楽しいと思います。


🐹: 旅行のほかに、スペシャルアルバムを作成することができたらいいですね。今は私たちが作詞,作曲をすぐに行うことができませんが、ロングランしながら曲作業ができるようになれば、ファンのための歌を作って差し上げたいです。レッドベルベット(メンバー)だけで作ったアルバムで。


🐰: 12周年を記念して、ファンたちと遊びに行くと本当に楽しいと思います。その時は、ファンたちが私たちの歌で舞台を披露して、私たちがファンたちが作った応援法で応援して差し上げたいです。


さて、私は初心に帰る気持ちでデビュー当初にしたツートーンカラーに挑戦します。 と、本当に12周年が待ち遠しいですね。


インタビューを終えて、レッドベルベットはスターニュースの読者にメッセージを残した。


改めて、スターニュース創刊12周年おめでとうございます。そして、読者の皆様がレッドベルベットともに長い時間一緒にしていただけると嬉しいです。スターニュースとともに、さらに成長していくレッドベルベットになるように努力します。



元記事リンク▶︎▶︎ http://m.star.mt.co.kr/view.html?no=2016092116582339890&ref=http://t.umblr.com/#imadnews